FC2ブログ

「好き」か「嫌い」か

 2010-02-27
東京医科歯科大学医学部の藤田紘一郎先生の書かれた本の中で、
「好き」か「嫌い」かで身体の反応が違うと書かれていました。

どういうことかというと、
私たちは日常生活の中で、何かあるたびに「好き」か「嫌い」かを無意識に判断していて、その無意識の感情が情報となって、脳内で物質化されている。
その物質が脳内にできると反応が起こるのですが、
☆「好き」と判断した時  身体的なストレス緩和剤として働くトーパミンと精神的なストレス緩和剤として働くβエンドルフィンという物質が合成されるらしいのです。

☆「嫌い」と判断した時はそれらの物質は合成されないで、アドレナリンなどが作りだされ、身体をさびさせてしまう活性酸素を発生させるらしいです。

無意識のことなのに身体に起きる反応がこんなにも違うなんて、おそろしい~

会う人みんな好きご飯も出されるもの全部好き
仕事も勉強も全部好きって感覚で過ごさないといけないですね~

好き好きパワー全開で病気に強くなりましょう!
広島ブログ
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://uesugi65.blog25.fc2.com/tb.php/731-ad3abccf

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫