fc2ブログ

赤チン、ヨーチン、白チンってわかる?

 2020-12-22
子供の頃、怪我をしたとき、お母さんに何を塗ってもらっていましたか?

赤チン!
と言う方が多いのではないでしょうか?

とうとう、赤チンがなくなります
詳しくはこちら→赤チン
赤チン

傷口に塗ると赤色になることから「赤チン」と呼ばれていた消毒薬「マーキュロクロム液」
水銀が発生するので原料の製造が中止されていたものの
輸入することで生産されていました
でも、それもとうとう終了ですって

怪我をして母に塗ってもらったり自分で塗ったり
赤い膝が懐かしいです

赤チン以外に、
ヨーチンとか白チンとか呼ばれていた消毒薬がありますが
皆さん、知っていますか?

ヨーチンはヨードチンキの消毒薬
ヨーチン

白チンはマキロンのこと
マキロン

あ~懐かしいわ~


広島ブログ

タグ :
コメント
バンドエイドも無い時代の家庭での傷口の治療薬が赤チンでした。
でも病院や学校の保健室では、ヨーチンでした。
赤チンに比べて、かなりしみましたから、塗った後はフーフーしてました。
後に、赤チンには何の効果も無いからと報道されて、赤チンは家庭でも姿を消してヨーチンに変わってましたね。
バンドエイドが出始めたら、貼る前に消毒としてマキュロンをやってましたね。
あの泡が出ているのが、バイ菌を吹き出しているように感じて治っているようにも思えました。
そして今は、傷口は水洗いして、治療薬がついたバンドエイドを貼っておけば、見事に傷口も綺麗になりますね。
【2020/12/23 04:03】 | やんじ #- | [edit]
やんじさんへ
そうなんですよね
傷の手当も時代とともに変わっていく
今の子たちは
傷を消毒してしみる
なんてことは体験したことないかもしれないですね

【2020/12/23 12:29】 | #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://uesugi65.blog25.fc2.com/tb.php/5051-2ec44646

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫