季節の変わり目の喘息にご注意

 2017-10-01
秋は東洋医学の考えで
 「肺」が弱る といいます

喘息やアレルギーが出やすくなると昔から言われています

気温が低下し湿度も低下、乾燥するのも喘息に影響しますよね

お部屋の温度や湿度に気をつけるのも大切ですが

東洋医学の考え方では
肺のお母さんは胃になります
肺を元気にするには、胃を大切にすればいいのです


喘息、アレルギーを出ないようにするには
喘息、アレルギーを少しでも軽くするには

胃に負担をかけないような消化のよい食事
胃を冷やさないように冷たいものを避ける
胃を助けるためによく噛んで食べる、食事量を少なめにする

このような生活改善が重要になります

秋が苦手な方、ちょっと気をつけてみてくださいね

もちろん、喘息やアレルギーにいいものたくさんございます
いつでも相談くださいませ


広島ブログ

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://uesugi65.blog25.fc2.com/tb.php/3763-030cb83c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫