東野圭吾作品は、ついついこう、なっちゃうのよね~

 2017-05-25
東野圭吾作品でまた、やってしまった
虚ろな十字架

日曜日に本屋さんで見つけた私の大好きな作家さんである
東野圭吾さんの最新文庫本「虚ろな十字架」
さっそく買ってきて読んでいたのですが

後半、めちゃくちゃ展開が面白くなり
どうにもこうにも読むのをやめられません

もう寝ないといけない時間
お肌にも体にも悪いです
残りは明日の楽しみにとっておけばいいじゃない
という天使の声が何度も・・・

でもでも、どうしても気になる
これでは布団に入ったって寝られないよ~
という悪魔の声

私の体の中で声が飛び交います

結局
最後まで読みきって、大満足(悪魔が勝ちました)
ふ~~~っと大きく息を吐き、時計を見て
やば~~い
早く寝なければ!と急いで寝ました

大学生の頃はよく遅くまで本を読んでいましたが
最近にしてはめずらしく遅くまで読んじゃった。
そのくらい展開が面白かったですよ

ちょっとネタばれ
あなたの娘が殺されました
あなたは犯人に何をのぞみますか?
死刑?死刑でなく他の償い?

東野圭吾さんの作品ってホントすごいです
また、ゆっくりと2回目を読みます
今度は結果を知ってるから
中断して寝ることが出来ます


広島ブログ

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://uesugi65.blog25.fc2.com/tb.php/3648-e2abb4e9

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫