インフルエンザ予防に「あいうべ体操」

 2016-02-25
インフルエンザが猛威を振るってますね。
皆様、かかっていませんか?

かかるとつらいインフルエンザ
出来るだけかからないようにしたいですね
そのためにも日々の疲れを取って免疫を低下させないようにしておかないといけませんね
それプラス
今朝のあさイチというテレビで
「あいうべ体操」がインフルエンザの予防におススメと言ってました。

皆さん、「あいうべ体操」はご存知ですか?

【運動の方法】
1.「あー」・・・のどの奥が見えるほど大きく口をあけて。
2.「いー」・・・くちびるを強く横にひきのばして。
3.「うー」・・・くちびるを前につきだして。
4.「べー」・・・舌をつきだして、下へ引き延ばす。

以上4つの動きを1日30回行うことで、口の周りの筋力や舌の筋力が上がり、下に位置していた舌が通常の位置(上の口蓋にぴったりくっつく)へおさまることで口が閉じやすくなり、鼻呼吸になりやすくなるそうです。声を出さなくても大丈夫です。ただし、顎(がく)関節症などで痛みがある人は無理をしないでください。「い」「う」「べ」だけでもトレーニングの効果はあるそうです。
あさイチのホームページより

人間、起きている時は鼻呼吸(寝ているときは口呼吸)
それが、今、起きている時も口呼吸の方が増えています
口呼吸をすると
ホコリ・冷たい空気・ウイルスなどが直接口の中に入ってきます。

鼻呼吸をすれば
鼻毛や繊毛(せんもう)がホコリやごみ・ウイルスを取り体内に入らないようにしてくれます
また鼻は複雑な構造をしているため、そこに冷たい・乾燥した空気が入ってきても
適度な温度と湿度の空気に変えて肺に送ってくれます。

こうしたことから
口呼吸では、ウイルスが体内に入りやすい
鼻呼吸をすると風邪、インフルエンザにかかりにくい
ということになります。

そして、口呼吸を鼻呼吸に治すのが「あいうべ体操」

簡単な体操でインフルエンザが予防できればいいですよね。
まだまだ今からでも間に合いますので
毎日実行してみてくださいね。


広島ブログ



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://uesugi65.blog25.fc2.com/tb.php/3166-25fcb8d3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫