走ってなかった「走れメロス」

 2014-02-07
今日も昼食を食べながらネットニュースを見て、ブログを書くぞ~とおなかをすかせた私はパソコンの前に座りました。

すると、ネットニュースで気になるものが
「走れメロス」は走っていなかった!? 中学生が「メロスの全力を検証」した結果が見事に徒歩

どういうこと?

なんと、
「算数・数学の自由研究」作品コンクールで最優秀賞をとった中学2年生の村田一真くんによるこの検証では、太宰治の小説「走れメロス」の記述を頼りにメロスの平均移動速度を算出。
その結果、「メロスはまったく全力で走っていない」という考察に行き着きます。
端的にいうとメロスは往路は歩いていて、死力を振りしぼって走ったとされる復路後半の奮闘も「ただの早歩きだった」というのです!
メロスは作中、自分の身代わりとなった友人を救うため、王から言い渡された3日間の猶予のうち初日と最終日を使って10里(約39キロ)の道を往復します。今回の研究ではこの道のりにかかった時間を文章から推測したということなのです。


これが凄い!

この本を読んで、そんな計算をしてみようなんて、
普通の人では考えないですよね?
特に私は小説を読んでそれを検証しようなんて思いつかないわ

詳しくはこちらにあるので、みてみて~→「走れメロス」

きちんと速度を出すために、グラフを作ってますから。
中2とは思えない。
これは将来有望ですよ。
めちゃめちゃ、有名になったりしてね!

太宰治は「なんで、検証なんてするんだよ~」って思ったかしら?


広島ブログ
広島ブログ
タグ :
コメント
私も見ました。
当時の道路事情とかいろいろ修正要素はあるようですが,分析するという発想が見事です。
そういえば一時期,漫画のデータ分析がはやり,それによるとドカベンの打率は驚異の7割5分。
野球狂の詩のヒロイン水原勇気投手はたった3勝しかしていないとか意外なデータが出てました。
作者もさすがに数字までは計算して書いていないようです。
【2014/02/07 15:58】 | もみじ日記 #- | [edit]
「走れよメロス」と言われますが、元々足が悪く
「走れんメロス」なんです
【2014/02/07 16:45】 | ⑦パパ #- | [edit]
ドカベン、すごいですね~
カープに欲しい!
作者は必ずしもちゃんと計算して書いてはいないんですね。
検証してあげるのは、要らないお世話なんでしょうね
【2014/02/07 20:58】 | もみじ日記さんへ #- | [edit]
走れんメロスは
もしかしてだけど♪
太ってたから一生懸命走っていても歩く速度しか出なかったのかも~
【2014/02/07 21:03】 | ⑦パパさまへ #- | [edit]
おい、こら w
【2014/02/08 01:29】 | ⑦パパ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://uesugi65.blog25.fc2.com/tb.php/2337-0e525c9f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫