ノーベル賞で有名になったオートファジー

 2016-10-07
ノーベル賞、3年連続って日本人の活躍、すごいですね!

今回の受賞で一躍皆さんに知られることになった
 「オートファジー」 

このオートファジーですが
どういったものかと簡単に言いますと
細胞の中にある生ゴミ(異常タンパク質)を分解して正常なものに戻す浄化システム

アルツハイマー・パーキンソン病・糖尿病などもオートファジーと関係ありと言われています

日々の生活で私達の自分のオートファジーをアップさせる方法はご存知ですか?

健康である、私たちもしっかりとオートファジーを活躍させておけば
いつまでも元気で病気知らずで過ごしやすくなりますよね

その方法とは
プチ断食

私達ウエスギ薬局が得意とする断食です

細胞が飢餓状態になると
このオートファジー機能が活性化されます
現代は一日3食が当たり前
お腹が空いてなくても時間だから食べる
お腹いっぱいだけど、スイーツは別腹に入れる
といって飢餓状態には程遠い食生活をしています
これでは「オートファジー」の働きが・・・・

無理にでも飢餓状態にするにはプチ断食がおススメです

ウエスギ薬局でおススメするプチ断食は
飲まず食わずでない
ある飲料を飲みながら、栄養補給はしながら
胃腸は休ませ、オートファジーを活性化
だから、お腹空かない
つらくない
元気で過ごせる
の、嬉しいプチ断食なのです

ある飲料は甘くて美味しくって飲みやすいので
私は大好き!
原液もGOODですが
お湯割りするとホッとする~とお客様からもご好評

いつでも味見が出来ますから
お店に来て、味見してくださいね
そして、たまにプチ断食して
オートファジーを活性化、病気予防をいたしましょう!

お待ちしておりま~~す



広島ブログ



タグ :

「老い」は自分でコントロールできる!

 2016-09-19
歳をとることは止められませんが、老化スピードは遅くすることは出来ます
そのためには
「老化の仕組み」をまずお知らせします
 ①活性酸素による酸化
食事・運動・日に当たる・タバコを吸うなど日常生活で発生する活性酸素
これ自体には細菌などを退治する働きもあり重要なのですが
必要以上に増えると体を錆びさせ、老化の引き金になります
対策
・喫煙・暴飲暴食・激しい運動など活性酸素を増やす生活を改善する
・抗酸化力のある食品を取る
(きのこ・野菜・果物・豆類など)

 ②タンパク質の糖化
取りすぎた糖が体の構成成分のタンパク質を変化させます
それにより、細胞や酵素などの働きが悪くなり、体の機能低下、老化を招きます
対策
・糖質の多い食事は控える
・早食いは糖化を高めるのでゆっくり良く噛んで食べる
・野菜→魚・肉→ご飯の順で食べる

いかがですか?
老化の仕組みを知ってしまった、今、
ほんのちょっと工夫したら、老化が抑えられる
と、嬉しい気持ちになりませんか?

私は出来ることからやって
老化のスピードを遅くおそ~~くしていきたいと思います

皆様も
いつまでも若く!!
目指していきましょうね!


広島ブログ

タグ :

秋は「肺」が弱ります

 2016-09-08
東洋の考え方で

秋は
「肺」が弱る
といいます

肺といっても
臓器の肺はもちろんのこと
肺と同じグループにいる関係の深い臓器である
大腸・鼻・皮膚なども弱ります

秋に多い不調
ぜんそく・気管支炎
便秘・ぢ
アトピー、じんましんの皮膚トラブル
鼻水・鼻づまりのアレルギー性鼻炎
小鼻の黒ずみ
乾燥して小ジワが目立つ

このような不調を早く改善するためには、
このような不調を出さないように予防するためには

「肺」のお母さんといわれている
「胃」
これを休ませてあげることが重要になります

いつも言ってますが
冷たい飲食は控え、良く噛んで控えめな食事にする
また、
辛味をきかせた食事は「肺」を元気にします
ただし、辛すぎると逆効果になりますのでお気をつけ下さい

これらのことを日々、気をつけながら
上手に季節の変わり目を過ごし、
秋も元気に楽しく過ごしてまいりましょうね!

もちろん
漢方薬・サプリメントなどで
弱った肺・大腸・鼻・皮膚を強くしてあげることも大切です
何でもご相談くださいね


広島ブログ

タグ :

現代人がかく汗はほとんどが「悪い汗」

 2016-08-03
昨日のブログでは、「汗はすごい」とかきましたが
実は、現代のがかく汗はほとんどが
悪い汗なのです

体温が上昇すると血液からミネラルと水分が汗腺に取り込まれる
体に必要なミネラルは再吸収され、水分と少しの塩分だけ汗として皮膚から排出
これが良い汗

汗腺の機能低下でミネラルが再吸収されず、水分と一緒に出てしまうのが
悪い汗

クーラーの中に一日中いる。寝ている時も
運動不足
肉中心の食事。
ストレス
これらが汗の質を低下させます
特に普段あまり汗をかかない人の汗腺には老廃物や角質がたまりやすく
いざ、汗をかいたときには
汗が出にくかったり、不純物が一緒に出てベタベタ汗になったり
このようにして悪い汗になっていくのです


悪い汗をかくとなぜいけないのか?
●ベタベタして蒸発しにくいため、体温調節がうまくいかなくなる
●皮膚表面がアルカリ性になり常在菌が繁殖しやすくなり、ニオイの元に
●ミネラル不足で疲れやすくなる。皮膚トラブルもおきやすくなる
●ミネラルが失われて血液が濃くなり血栓が出来やすく脳梗塞の発症率が上がる

いかがですか
たかが汗。されど汗です

半身浴して汗を出す
バランスよく食事する
汗をかいたらミネラルを補給する


良い汗をかいて、夏バテしないように気をつけてまいりましょうね!



広島ブログ

タグ :

汗ってすごいんだよ~

 2016-08-02
ここ数日の暑さときたら・・・・
皆さん、体調いかがですか?
暑さでバテていませんか?

これだけ暑いと
すごい量になるのが



汗って嫌い!
という方がほとんどだと思いますが
実は、汗は大事な仕事をしてくれているのですよ

汗の大切な働き
・不要物の排泄
体内で生じた老廃物や体内に入った有害物質は汗や尿となり排泄されます
・自律神経のバランス
汗をかくことで自律神経の乱れを解消します
・肌の保護
汗とともに分泌される皮脂が混ざり、天然クリームを作り、肌を守ります
・体温の調節
暑いときは体温が上がらないように汗をかき、
体内にこもった熱を外に出します。
いわゆる皮膚表面の打ち水です

ね!
汗ってすごいでしょ!
暑くて暑くて
汗びっしょりになっていや~~な気持ちになりそうになったら
やったね!体内の毒素、出てるわ~
って思ってみて!
これで、ちょっとイヤな気分もHAPPYになるかな?

まだまだ暑さ続きますが
元気に毎日、過ごしてまいりましょう!


広島ブログ

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫