FC2ブログ

コロナに負けたくないなら、だらだらするな?

 2020-08-01
コロナ感染者がぞくぞくと増えていますね。
まだ増え続けるのかな?

ますます外出が減るでしょうね
家での生活が長くなります。

それでも、仕事があったり、リモート授業などで
生活リズムが崩れず、以前と同じ生活リズムで過ごされているのでしたら
いいのですが・・・・

いつ起きてもいいし、
夜も遅くまで起きてるし
食事の時間も決まってないし・・・・
な~~んて、生活リズムが乱れている方、要注意ですよ!

不規則な生活は体内時計を乱れさせます
近年の研究で日常生活の乱れによる体内時計のズレは
免疫細胞の加齢性変化である
 「免疫老化」 を促進するとわかってきたそうです


高齢になるほど、免疫力は低下します
30代を境に低下してきます
それが加速するなんて!

皆さん、今日から規則正しい生活を送りましょう! 

コロナに負けてなどいられません!
楽しい毎日をすごすためにも

生活リズムを乱さず、体内時計を正常に!

みんなで頑張って、
コロナ、乗り越えていきましょうね!


広島ブログ



タグ :

熱中症を防ぐマスク、ランキング1位は?

 2020-07-16
先日見たテレビで「熱中症を防ぐにはどのマスクがいいか」
をランキング形式で発表していました

エントリーは
ウレタンマスク・不織布マスク・ガーゼマスク・布マスク

私の予想は
1位は布マスク

結果は
残念ながら、全く違っておりました

1位 ウレタンマスク
鼻の隙間が大きく熱がこもりにくい
2位 ガーゼマスク
3位 布マスク
4位 不織布マスク

という結果でした

私は、まだ、ウレタンマスクを使ったことがありません
どんな感じなのか、一度使ってみないといけないな~

皆さんも参考にしてみて
これからの暑い夏、熱中症に気をつけながらマスクをして
コロナも防いで
元気に過ごしてまいりましょうね!


広島ブログ




タグ :

身体がだるくならない水分の摂り方

 2020-07-11
九州に最初の警報が出てから1週間!
もうそんなに続いているのですね

これだけ降ると、地面にも水がたっぷり含まれていますが
私達の体も水を含みすぎて、どんより
からだ、おも~~~~い

なんてことになっていませんか?

暑くなり、水分をしっかり摂りましょうと言われる季節ですが
身体に大切な水分が

実は、

胃腸を冷やしたり
心臓や腎臓に負担をかけたりして
体の不調の原因にもなりうるので
気をつけて摂取してくださいね

水分の上手な摂り方

①一度に多量の水分を摂らない
少しずつ、こまめに!

②水分の温度は常温もしくは人肌くらいがベスト

③ごくごくと一気に飲むのでなく、
唾液と混ぜるようなお抹茶を飲む感覚でゆっくり飲む

④夕方以降の水分は控えめに

アルコールやコーヒーは水分摂取に入れません
また、利用作用があり、体内の水分を奪うので
アルコールやコーヒーを飲んだあとは、加えて水分を摂りましょ

そして、摂りすぎた水分は湯舟につかって、汗として出しましょう
(シャワーはおすすめしません)

余分な水分は、咳・ぜんそく・鼻水・めまい・むくみ・頭痛などを
引き起こす原因になります


くれぐれも、上の飲み方を参考にしていただき
元気にこの大雨週間を元気に過ごしてくださいね



広島ブログ





タグ :

マスクと二重あご改善

 2020-06-19
誰もかれもがマスクをつけて生活する世の中になりましたね
これからの暑さ、マスクをつけるのが不安ですね。

実はマスクは感染予防としてはいいと思いますが
健康に関してはちょっと気になることがあります

マスクをしていると口呼吸になる確率が高くなるのです

実は呼吸は鼻呼吸が正解
ってご存じでしたか?

空気は鼻を通ることで鼻毛フィルターにより
ごみ・ウイルスが取り除かれたうえに
適度に温められ、湿り気を与えられ肺に送られます

ですが口呼吸だと
ごみ・ウイルスはそのままダイレクトに体内に侵入し
また冷たい乾いた空気が肺へ!
これでは、体内に酸素はしっかり入らなくなり酸素不足状態になってしまうのです

つまり、体は疲れやすくなる
アレルギーが悪化する
脳の働きは低下
風邪をひきやすくなる

などなど体調不良が起きやすくなるのです

でもでも、
今のご時世、マスクは外せませんよね

ですので、マスクをしても口呼吸にならないようにするために

あいうべ体操がおすすめです
あいうべ体操

「あいうべ」で1セット
1日30回が目安です
10回ずつ分けてもOK
声を出しても出さなくてもOK

ぜひ、皆さん、やっておいてくださいね


なんと、あいうべ体操をすると
二重あごがなくなるんだそうですよ

私も最近、まじめにしているのですが
なんだか、あご回りがスッキリしてきたみたいです

頑張ろう~~

広島ブログ
タグ :

熱中症予防におすすめな水分の摂り方

 2020-06-14
これからの季節、汗をかくことが増えて脱水や熱中症が心配な季節になります。
水分不足は、脳梗塞・心筋梗塞など命にもかかわることも
先日も56歳の方が熱中症?で亡くなられたというニュースを聞きました

皆さま、お気をつけくださいませ

身体の約60%は水分で作られています
栄養を運搬したり、老廃物を処理したり
体温調節をしたりと大切な働きをしてくれています

その水分が不足するとどうなるの?

1%不足ーのどの渇きを感じる
2%不足ー脱水症状が始まる
5%不足ー脱水症状や熱中症の症状が出現
10%不足ー筋肉の痙攣
20%不足ー死に至る可能性がある

水分、しっかりとっておきましょうね
水

ただし!!!

飲めばいいってもんじゃないのです

ちゃんとあなたに合った水分量をちゃんと体内に吸収されるように飲まないといけません

でも自分に合った量って?
吸収されるようにって?

水分の上手な摂り方
水分の温度はできるだけ、体温に近いものを
一番ぬるくておいしくない温度だと思いますが、これが一番吸収されやすいのです
冷たい水分だけは、極力避けましょう!

一口、口に入れたら唾液を混ぜる様にしてゆっくり飲む
ごくごく、一気に飲むのは×!
こまめにこの飲み方をしておくと
あなたに合った水分量になります
一気に飲むと体内にきちんと吸収されないため、いくら飲んでも水分を欲してしまい
ついつい水分の摂りすぎとなり体に負担になってしまいます

ビール・ジュース・コーヒーなどは水分補給にはなりません
ここも気をつけてくださいね

これらを守って、この暑い季節を
元気に乗り切ってまいりましょう~~



広島ブログ
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫